南三陸ミシン工房
東日本大震災をきっかけに南三陸で生まれた工房は、ミシンと共に復興の道を歩みます。
南三陸ミシン工房 南三陸ミシン工房 南三陸ミシン工房
南三陸ミシン工房とは? 取り組み 商品情報 南三陸ミシン工房 ネットショップ hang in there! 最新情報
南三陸ミシン工房とは?とは
南三陸ミシン工房は、東日本大震災で被災した女性たちを支援するために2011年秋に生まれた「ミシンでお仕事プロジェクト」が元になっています。
単なる物資支援にとどまらず、ミシンをお渡しするとともに縫製指導や販売のサポートをすることで、仕事につながったり、働くことで生きがいになってくれればとの思いからでした。
全国の方からの支援金を基に購入させていただいた家庭用ミシンをメンバーに配布し、仮設住宅でそれぞれが縫製するところからスタートしました。
各自の縫製技術、家庭での労働できる環境、時間・・・、なにもかもばらばらな中、お互いに支えあいながら励ましあって様々なことを乗り越えてきました。
2013年春にはNPO法人となり、念願の工房も完成。
ミシンも家庭用から職業用ミシンに切り替わり、現在は工業用ミシンも稼働しています。
環境も整い、縫製技術も相当にあがってきました。
現在は南三陸町と登米市、石巻市、一関市に住む15名の女性たちが参加しています。
スタート時はほぼ全員が自宅全流失のメンバーばかりでしたが、2015年には被災していない町内の方を2名が加入しました。それでも、自宅は被災していなくても肉親を亡くしていたり、船を流されたりされています。
メンバー15名中、12名が自宅全流失、1名が床上浸水(ほか2名は家屋損傷なし)の被害を受け、避難所生活を経て仮設住宅暮らしとなりました。
震災から5年が経とうとする現在もそのうちの5名がいまだ仮設住宅で暮らしています(2016年2月現在)。
復興を目指す東北の地域では、継続して収入を得ることができる仕事が必要とされています。
リアス海岸という地形ゆえ、津波の被害が甚大だった南三陸町は女性が働く場所がまだまだ少なく、ミシンの縫製で仕事ができるということは収入と共に仲間も生まれ、世の中ともつながります。
震災の被害は津波や地震による物理的な被害だけでなく、さまざまな問題が被災した方々を襲いました。「あのときやっぱり死んでいればよかった」そんな言葉を口にする人もいました。
仕事をして笑顔になって「やっぱり生きていてよかったんだ」
そう思えるようになってくれればと願っています。
そして、東北の女性が縫製した布製品を通じて東日本大震災のこと、南三陸町のこと、そこで前を向いて生きている人々のことをこれからもずっと伝えていきたいと思っています。


南三陸ミシン工房
代表理事 熊谷安利
団体概要
団体名
代表
現地工房
東京事務所
連絡先
設立
特定非営利活動法人 南三陸ミシン工房
熊谷 安利
〒988-0474 宮城県本吉郡南三陸町歌津字田表42-1
〒135-0022 東京都江東区三好2-2-13
0226-29-6528
2013年3月
自立に向けて助成金などに頼らず努力を重ねてきておりますが、まだまだ工房維持費が足りない状況が続いております。
そのため、皆さまからの支援金のご協力をお願い申し上げます。
振込先 : 三菱東京UFJ銀行深川支店
口座番号 0183082 普通 
口座名  トクヒ)ミナミサンリクミシンコウボウ
①ゆうちょ銀行口座からお振込みされる場合
振込先 : ゆうちょ銀行
記号 18120
口座番号 19681691
口座名  トクヒ)ミナミサンリクミシンコウボウ

②他金融機関からお振込みされる場合
店名 八一八(ハチイチハチ)
店番 818 普通
口座番号 1968169
口座名  トクヒ)ミナミサンリクミシンコウボウ
南三陸ミシン工房
商品紹介
商品紹介
がんばっぺし!!ポーチ
商品紹介
がんばっぺし!!ペンケース
商品紹介
tenteの
ティッシュボックスケース
商品紹介
分身ふなっしー©ふなっしー
商品紹介
がんばっぺし!!Bag
 
南三陸ミシン工房